相談時間
10:00~18:00(事前予約で20時まで)
アクセス
鎌倉駅から0.6キロ、若宮大路沿い

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0467-39-6827

自己破産

自己破産による再スタートをサポート!

■自己破産に対するよくある誤解

  • 戸籍や住民票に記載されてしまう→記載されません
  • 銀行預金ができなくなる→銀行預金は可能です
  • 家財道具一式が処分されてしまう→生活必需品は処分されません

自己破産とは

再起のチャンス

自己破産とは、借金返済が不可能になってしまった方に、「再起するチャンス」を与えるための制度です。

多額の借金などにより経済的に破綻してしまい、自分のもっている資産では、全ての債権者に対して、完全に返済することができなくなってしまった場合に、利用される裁判上の手続きです。

原則として、最低限の生活用品などを除いた全ての財産を換価して、全債権者にその債権額に応じて公平に返済することを目的としています。

また、換価できる財産がない場合は、債権者への分配は省略されます(同時廃止)。破産の申し立てをし、免責を得ることで、結果として、すべての借金から解放されます。

また、「もう、自己破産しかない」とお考えの方でも、任意整理や個人再生で解決できた事例も数多くございます。まずは、ご相談ください。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリットを比較      
メリット
  • 免責決定を得れば、支払責任を免れることができる
  • すべての借金を一括処理することができる
   

デメリット

  • 官報に名前が載る※1
  • 仕事上の一定の資格制限あり※2
  • 免責不許可事由がある※3
   
  1. 官報とは国が発行している広報誌です。破産したことが、戸籍や住民票に載ることはありません。
  2. 資格制限とは、一定の期間中、会社の役員に就任できなかったり、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、弁理士などの職に就けなくなります。
  3. 免責不許可事由とは、財産を隠したり、虚偽の申し出をするなどの行為。また、浪費やギャンブルなどにより財産を著しく減少させた場合などは免責を得ることが難しくなります。

自己破産の流れ

各業者に受任通知を発送

申し立てに必要な書類の準備

裁判所へ申し立て

裁判所にて破産審尋

破産手続開始の決定

裁判所にて免責の審尋

官報に公告

免責の決定

ご依頼の時点で、各債権者に司法書士から通知を送りますので、取り立て・請求は止まります

裁判所での裁判官との面接には司法書士も同行いたします

お気軽にお問合せ・ご相談ください

法務大臣認定司法書士
日永田 一憲

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0467-39-6827
受付
10時~18時(事前予約で20時まで)

鎌倉・債務整理相談所

かもめ総合司法書士事務所

神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-9-62 フォーラムビル2F
鎌倉駅から0.6キロ、若宮大路沿い

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0467-39-6827

<受付時間>10:00~18:00

かもめ総合司法書士事務所

〒248-0014
神奈川県鎌倉市
由比ガ浜二丁目9番62号
フォーラム2階

鎌倉駅から0.6キロ、若宮大路沿い

受付時間

10:00~18:00

ごあいさつ

司法書士 日永田一憲
法律サービスを通し、
安心と幸せを